栄運輸株式会社 | 群馬県 | 伊勢崎市 | 一般区域貨物運送事業 | 自動車運送取扱事業 | トータルリペアサービス事業 | 倉庫委託事業 | 工場内作業請負

201504231701349632.jpg
栄運輸株式会社
〒372-0011
群馬県伊勢崎市三和町2529番地
TEL.0270-40-5670
FAX.0270-24-9019

―――――――――――――――
一般区域貨物運送事業
自動車運送取扱事業
トータルリペアサービス事業
倉庫委託事業
工場内作業請負
―――――――――――――――
 

社会的ミッション

 
 
これからの会社というのは、お客様の利益に貢献しなければ営業しにくいのではないかと思います。
なぜお客様は当社に仕事の依頼をするかということです。
それは利益を出したいからなんですよ!
うちが運ぶことによってこれだけの売り上げが上がったとか、利益がどれだけ出たという事例がないと、アプローチの材料、当社を選んでもらうことにはならないということです。
そういう「お客様の利益」に貢献する視点がなければ苦労するってことです。
どんなに、うちのドライバーの教育はいいですよ(品質)、事故なく安全を守りますと言っても、そんな運送業者は星の数ほどあります。

なのでお客様の利益に貢献する営業ができなければ、中小の運送業者は差別化が難しいため、安くするしかないんです。
私たちは物を売るのではなく、価値を買っていただく商売であることを忘れてはいけません。自助努力も限界にきている昨今、原価を下げて大量に売る、これは大手企業がすることで私ども(中小企業)が、これをやっていたら会社はつぶれます。
他人のことを考えずに大手衣料チェーンが多く、安くという具合に、社会的影響も忘れて一人利益獲得に走っている。
会社は利益を追求するところなどとよく言いますが、本当にそれだけでしょうか?

何か忘れていませんか?
何か虚しくありませんか?
利益だけを追求した結果、昨今社会をにぎわせている、さまざまな経済事件が起こりました。相手が知らないうちに株を買い占めて会社を乗っ取るとか、利益優先で利用者の安全は二の次とか、食品の偽装とか…。
体験を売るということを忘れてしまっているのです。
それを忘れてしまった結果、目先の利益しか考えられない経済的事件に発展してしまったのだと思います。
ここ何年も食品偽装事件が続き、消費者を騙すような、消費者の健康を害すような事件。
すべて、「もの」を売っている、という発想から抜け切れていない結果だと思います。

会社には社会的ミッションがほかにあると思いませんか?
当社では、荷主(お客様)からの売り上げの一部を、NPO法人を通じ、障害を持った子供たち、また環境保護の活動などに役立てています。

 

 

「子供たちの明日をもっと輝けるすばらしい未来にしたい」

という思いから、今後も活動を行っていきたいと思います。
そしてお互いが豊かになっていくということを望んでいます。
 
栄運輸株式会社
012712
<<栄運輸株式会社>> 〒372-0011 群馬県伊勢崎市三和町2529番地 TEL:0270-40-5670 FAX:0270-24-9019